家具、インテリアのブランド品を扱う広島の二興 中途採用ページはこちら 新卒採用ページはこちら
世界の「家具ブランド館」 商品カテゴリ マイオーダープラン シーズン商品 コンテンツ

世界の「家具ブランド館」


HermanMiller
ハーマンミラーの歴史
ハーマンミラーの歴史は、1923年、D.J. DePreeと彼の義父のHerman Miller達がミシガン州ジーランドのStar Furniture Companyを買い取ったことに始まります。1920年代のハーマンミラーは、家庭向け家具の会社でしたが、1931年、D.J. DePree がコンテポラリーデザインの家具が消費者のニーズを満たすことに目を向けたのをきっかけに、ハーマンミラーの方向性は大きく変わります。 この「問題を解決するためのデザイン」というアプローチは、ハーマンミラーの歴史の中で非常に重要な役割を果たします。D.J. DePreeは、会社を率いた30年の間に、ハーマンミラーを家庭向けの小さな家具メーカーから、家庭・オフィスの両方を対象としたコンテンポラリーデザイン家具のリーダーとして広く知られる会社に成長させました。D.J. DePreeは、製品の質とビジネスに完璧さを追求し、その結果Gilbert Rohde、 George Nelson、Charles & Ray Eames、Alexander Girard、Isamu Noguchiといったその時にもっとも活躍していたデザイナー達とのパートナー関係を積極的に築いていきます。小さな家具メーカーでありながら、1950年代の初めには、ハーマンミラーはモダンデザインの家具メーカーとして世界的にその名を知られるようになったのです。

ハーマンミラーは、「デザインとは問題を解決するためにある。」という考えのもと、デザイナーとのコラボレーションによって生まれた優れたデザインで、オフィスやホームを最良の空間にすることを使命としています。人間を中心に考えた問題解決のデザインは、革新的で常に時代のスタンダードとなっています。また、環境を守る大切さを社員一人一人が理解している企業文化を持ち、米国ミシガン州の田園地帯にある本社は、自然環境と共生したコミュニティになっています。


Eames Shell Chair

Eames Wire Chair

SAYL Chair
イームズ シェルチェアは、1948年ニューヨーク近代美術館 が開催した「ローコスト家具デザイン国際コンペ」で初めて紹介されました。1950年に製品化して以来、家庭やオフィス、カフェ、研修センターなどで幅広く使用されました。 ワイヤーを使い様々な形状を作り出し、リーズナブルで軽量かつ丈夫な椅子を製作しようと試みて出来上がった椅子がワイヤーチェアです。アートオブジェのような美しさと心地良さ、実用性を兼ね揃えています。 革新的な素材構造から実現したフレーム(枠)のない背もたれによって、人の自由な動きをサポートするセイルチェアは、自由で挑戦しがいのある仕事や生活を生み出す、枠にとらわれない生き方を求める人々を魅了します。

Embody Chair

Aeron Chair

Mirra Chair
エンボディチェアは、特に、コンピュータの前に座る人のためにデザインされました。まるで浮いているかのような感覚で座ることが出来ます。今までにない快適さを持った椅子で、座る人の健康を増進します。身体の自由な動きをサポートし、脳の活性化を促すワークチェアです。 平均的な体型のユーザーのためにデザインされたチェアだけでは、すべての人の満足を得ることはできません。また、1つの仕事に対する1つの姿勢のためにデザインされたチェアでも十分ではありません。私たちが欲しいのは、あらゆる体型と姿勢に対応したチェア。ハーマンミラーの高機能ワークチェア「アーロンチェア」は、私たちの様々な姿勢や条件に応えてくれます。 ミラはワークチェアの新基準と成るべくデザインされた全く新しい椅子です。シンプルな調節をするだけでユーザー1人、1人に合わせて変化しフィットするミラは今までの椅子にはないデザインの斬新さとすぐれた機能、また操作性のよさが見事に融合された次世代の椅子なのです。

Eames Lounge Chair and Ottoman

Eames Sofa

Goetz Sofa
チャールズ&レイ・イームズがデザインし、ハーマンミラー社が商品化しました。19世紀のイギリスのクラブチェアをイメージして作られ、その快適な座り心地は、よく使い込まれた一塁手のミットに喩えられ、座る人を暖かく包みます。製品化第一号が映画監督のビリー・ワイルダーへの誕生日プレゼントとして贈られたのをはじめ、数多くのセレブリティにも愛されているチェアです。 チャールズ&レイ・イームズは、イームズソファを、ソフトパッドグループチェアやイームズチェイスのシーティング群を補完するものとしてデザインしました。無垢材のフレームとレザーのクッションがエレガントなこのソファはチャールズ・イームズの遺作として発表されました。 ゲッツソファは、シンプルで洗練された美しさを持つデザインですが、最も重要な特徴として、快適性が追求されています。ゲッツ自身のリサーチと、専門家による助言によって、腰かける場合も、体を横たえて休む場合もどちらも快適であるように、人間工学に基づいた設計を取り入れています。

Eames Sofa Compact

Nelson Marshmallow Sofa

Nelson Platform Bench
イームズ・ハウスで使われていた作り付けのソファのデザインをプロダクトに生かしたもの。輸送や収納の為に背もたれ部分を簡単に折りたためること(後に固定式に変更された)が特徴であり、『コンパクトなソファ』と『コンパクトのようなソファ』の意味を兼ねてソファコンパクトと命名されました。 円盤型のクッションを利用してデザインされたソファです。当初は、張地を張らなくても使えるといわれたクッションの素材であったため、安価なソファになる予定でしたが、開発していくうちに張地が必要になり、高価なソファになってしまいました。このため、「失敗作」とも言われたことがありますが、現在はミッドセンチュリーモダンデザインのアイコン的存在になっています。 ジョージネルソンのプラットフォームベンチはハーマンミラーでの最初の作品になります。清潔で直線的な特徴のデザインで家具デザインに大きな改革をもたらしました。木造建築の骨組みを創造させるこのベンチはベンチの他にコーヒーテーブルなど使う人のイマジネーションによって様々な使い方ができます。