家具、インテリアのブランド品を扱う広島の二興 中途採用ページはこちら 新卒採用ページはこちら
世界の「家具ブランド館」 商品カテゴリ マイオーダープラン シーズン商品 コンテンツ

世界の「家具ブランド館」

 
 飛騨の匠と最新技術の融合。
飛騨古川の家具メーカー イバタ
 
  木を識り、木を活かす「ものづくり」
 飛騨古川の地に古くから受け継がれてきた匠の技。その技と確かな素材から生まれたイバタの家具は、使う人の心を豊かにしてくれます。家具としての基本的な機能性をたいせつにして木の温もりが伝わるカタチをデザインし、住む人の「快適な暮らし」づくりをお手伝いしています。 
  インテリアの基本思想は、「やさしさ」
  インテリアがくらしの中で主張しすぎると居心地がよくない。必要な機能がカタチになっていれば、人にやさしく、使いやすいインテリアになる。基本的な機能を踏まえたフォルムは「機能美」であり、飽きられることはないのです。
 
  木を生かす曲げ木技術
  1906年(明治39年)、飛騨地区に曲げ木の技術が導入されて以来「飛騨の家具」と言えば「曲げ木」と言われるまでに飛騨は「曲げ木」の本場となっています。当社も更に高度な曲げ木技術を取得する為に1999年に「圧縮曲げ木技術」を導入し今では3次元曲げ木も可能となっています。 木目が通った自然な風合いを残しながらも、木そのものが持つ強度を十分に活かす。イバタの家具は「木を識り、木を生かす」をモットーに日々曲げ木の技術向上に努めています。  
 イバタ独自のこだわり構造 
 イバタの家具では負荷のかかる重要な接合部には屈強な「ホゾ構造」を使用。一般的な量産家具で使用される「ダボ構造」と適材適所で織り交ぜて使用し、長年愛着を持ってお使いいただける家具を目指し、作り続けています。そんなイバタでは、「繰り返し強度試験」において独自基準の8000回を採用。安心して永くお使いいただくためのこだわりです。 



  日本を暮す。蔵と和む。
  花鳥風月、はるか昔から友とし眺めた世界
この天地自然の美しい風景を借景に
自らのこころを重ね合わせてきた私たち日本人。
移ろう季節、過ぎ行く日々のなかで、
伝統を楽しみ、風情、情緒にふける。
この国が創造した風土と文化に育まれてきた
豊かな精神に目を向けて、
日本を住まう喜びを感じとる。
蔵は、時を重ねることで現代に蘇る。
 



  心にも気持ちにもやさしい
光りに包まれる
“やすら木”のひととき。
  お気に入りのダイニングと、座り心地のいいソファ。
心にも気持ちにもやさしい光に包まれる”やすら木”のひととき。
そこにいるだけで心地いい上質な広がり、
ここにいるだけでわくわくするような音や映像のライフシーン。
YASURAGIはGood Life Design.クオリティに満ちたトータルな生活空間の中で、
さりげない”やすらぎ”を感じていただきたい。



 牧歌的な温もりと、洗練された空間の調和。 
  牧歌的な温もりと、洗練された空間の調和。
自然な光に包まれた”ウィン”とともに感じるひととき。
そこにいるだけで快適な気持ちになれる
すわり心地のいいソファと会話が広がるダイニングでの大切な時間。
WinはGood Life Design.ウィンのトータル
でいい感じの潤いのある生活を家族とともに感じていただきたい。
 



  木の香りと上質さ。 さりげない感動を
暮らしにスケッチするようなライフシーン
「快適な暮らしの創造」